インテリア家具通販KAGOOは新型コロナウイルスの影響による時差出勤を実施するため2020年4月7日(火)より営業時間を11:00~17:00。定休日を土・日・祝日・水曜日変更いたします。
KAGOOにお任せ!

検索条件

商品名・キーワードを入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

探し方に困ったらカグーナビ

会員登録

【ジェネリックプロダクト】イームズ ラウンジチェア&オットマンローズウッド

【ジェネリックプロダクト】イームズ ラウンジチェア&オットマンローズウッド

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。
いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

  • NEW
  • オススメ

この商品のお問い合せ

送料など配送についてはこちら »

金額:192,500円(税込)

数量:

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。


その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。


そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)


発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。


「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。










ジェネリックプロダクトとは、
特許期間が過ぎ、製造権利が一般化された優れた製品を、
デザインそのままに製造・提供される良質な製品のことです。


商品名 【ジェネリックプロダクト】イームズ ラウンジチェア&オットマンローズウッド
商品番号 17521-e-com-CH4068S6S0A
各サイズ詳細・大きさ W85xD83.5xH84 SH41.5 AH51.5 / W64xD55.5xH44.5(cm)
カラー レザー 0Aブラック
素材 座面:レザー/高密度ウレタンフォーム/ポリエステル綿
※クッション取外し可能
フレーム:プライウッド/アルミダイキャスト
※一部ポリッシュ仕上げ
その他・備考 素材の特性上、木目や色味には個体差があり個性としてお楽しみ頂けます。
品質改良のため、デザイン・仕様・サイズを予告なく変更する場合があります。

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

関連カテゴリ:
チェア
チェア > デスクチェア
ページの上に戻る